江東区の内科、稲見内科医院|小児科|消化器内科|呼吸器内科|内視鏡|胃カメラ|大腸カメラ

稲見内科医院

〒136-0072
東京都江東区大島5-3-7

03-3673-1800

メインメニューを開く
  • HOME
  • 消化器内科
消化器内科

消化管疾患

消化管疾患では逆流性食道炎、胃炎や胃潰瘍、ヘリコバクターピロリ菌診療、機能性胃腸症、潰瘍性大腸炎等の炎症性腸疾患、大腸ポリープ、過敏性腸炎等の診断治療を行います。大腸ポリープ切除術も行っています。

肝胆膵疾患

肝胆膵疾患では慢性肝炎や肝硬変、脂肪性肝炎、胆のうポリープ、胆石症、慢性膵炎等の診断治療を行います。

胸やけや胃の痛みなど

胸やけの症状があっても、逆流性食道炎とは限りません。内視鏡的に所見を認めない非びらん性逆流性食道炎の場合も、胃癌があって通過障害ができて胃液が逆流している場合もあります。胃が痛い等の症状でも、少し荒れているだけの場合もあれば、胃癌の場合も、稀にアニサキス症の場合もあります。ヘリコバクターピロリ菌が陽性の場合には、除菌をすることで症状が改善することもあります。

下痢や便秘など

下痢や便秘、下痢と便秘を繰り返す、便に血がつく等の症状は大腸がんの可能性があります。それ以外にも潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患や、過敏性腸炎などの病気もあります。症状や経過を踏まえて、ご相談しながら診断治療を進めてまいります。
まずは症状をご相談ください。

消化器内科領域の診断には胃カメラ大腸カメラ、カプセル内視鏡、腹部超音波検査等が必要になることがあります。
その都度、ご説明しながら診療をすすめてまいります。
その際には苦痛の少ない綿密な検査を心がけております。