医療法人社団順晃会 稲見内科医院

TEL:03-3637-1800、FAX:03-3682-6443

〒136-0072 東京都江東区大島5-3-7

内科・消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・小児科・心療内科

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

Contents Menu

江東区時間

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

胃の痛みやもたれ、胸やけ、食道のつかえ感などの症状がある方にお勧めします。食道や胃、十二指腸の定期検査として行うことも大事です。ヘリコバクター・ピロリ菌の有無や胃炎の状態などにより適切な検査間隔をご案内します。
食道、胃、十二指腸の一部を内視鏡で観察します。経鼻内視鏡と経口内視鏡が選択できます。また、鎮静薬の使用の有無も選択できます。患者さまの状態や希望に合わせて検査方法を相談させていただきます。
検査前日のお食事は21時までに済ませていただきます。水分は24時まで召し上がっていただくことができます。検査当日は、お食事や水分は召し上がらないでください。お薬の内服がある方は事前にご相談ください。来院時は、お腹周りが緩めの服装で来院してください。
来院後は検査室で血圧などを測定した後に、前処置として消泡薬(胃の泡を消す薬)を飲んで頂きます。鎮静薬を使用する方は点滴を行います。

経鼻内視鏡を行う方は鼻腔に麻酔のスプレーを行い、麻酔のゼリーがついたチューブを数分鼻に留置します。

経口内視鏡を行う方は咽頭に麻酔のスプレーを行います。

検査中、診断のために青い色素(インジゴ)の散布や、緑色の画面(狭帯域光観察:NBI)で観察を行うことがあります。組織を採取させていただいて病理の検査を行うことがあります。ヘリコバクター・ピロリ菌の検査のため組織を採取させていただくことがあります。

鎮静薬を使用した方は、検査終了後に回復室で休憩していただきます。また、当日は自転車や自動車の運転は控えていただきます。
経口摂取は検査終了後1時間程度経過してからお願いします。組織の採取を行った場合は、当日の運動と飲酒を控えてください。
検査終了後に診察室で検査結果をご説明します。

Page Topへ戻る